2014年08月25日

水球ヤンキース第6話感想

おはようございます。

そういえば感想書いた事が無かった水球ヤンキースですが
毎週楽しく見させて貰ってます。

今回感想を書こうと思ったのは
橋本環奈ちゃんが想像以上に雰囲気持っててビックリしたから。

まぁ今が旬のアイドルが実名出演っていうのは良くある事なので
特に期待もしていなかったのが正直な所なのですが
画面で動いてるのを見た瞬間これはちょっと違うぞと
目が釘付けになってしまいました。

完全に自分の世界を作り上げていましたよね。

勿論あこがれのアイドルっていう設定なんで
そういう風な演出もされていたとは思うのですが
でも彼女が持っている力で世界を作ったというのが
正解なんだと思います。

役者としては勿論まだまだですが
やっぱりアイドルとしてオーラを持ってるのは大きいですよ。

天使過ぎるって肩書きもダテじゃないなと感じた次第です。

ドラマ自体は王道のアイドル学園ドラマで
ストーリー展開含めて気楽に楽しめてます。

そして何より先生役の大政絢と倉科カナが
程よくエロくてとっても良い感じです。(笑)

また水着になる事希望します。(馬鹿)



スポンサードリンク



posted by あかねたけと at 09:00 | 水球ヤンキース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする