2014年07月08日

ペテロの葬列初回感想

こんにちは。

昨日から始まったペテロの葬列。

実は前作「名も無き毒」は本放送では見なかったのですが
偶然見た再放送でハマッてしまい最後まで見てしまったので
続編であるペテロの毒は楽しみにしてました。

これも原作一切読んでないのでドラマのみの感想になりますが
まぁ初回なんでバスジャック事件はスリリングでしたが
やはり内容的にはまだまだ顔見世程度に感じました。

って事で語るのは役者中心になってしまいますが
主役杉村やってる小泉の安定感は相変わらず。
恐らく代表作と言っていいくらい役にハマッてますね。

初回に関しては何と言ってもバスジャック犯の長塚さん。
あの淡々と落ち着きながらの思い詰めた演技は
もう円熟の名人芸そのもの。
今後は回想シーンで出てくる事になるのでしょうが
どういう物を抱えていたのかかなり気になる所です。

そして被害者の一人である清水富美加ですが
今テレ東の深夜で魔法★男子チェリーズっていう
おバカなドラマのヒロインもやってるので
同じクールのドラマなのにこの落差だから
個人的に大爆笑してしまいました。

初回の視聴率的にはイマイチな感じですが
話はこれからだと思うので期待したいと思います。

スポンサードリンク



posted by あかねたけと at 12:45 | ペテロの葬列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする