2015年01月31日

ウロボロス第3話感想

こんにちは。

ウロボロス昨日はしっかりと見る事が出来ました。
ホームレス殺人の流れで結子の敵の正体に
一気に近付くと思われたけど
結果的に関わった全ての人間は殺されて
また振り出しに戻ってしまいました。

ただイクオの記憶含めて着実に少しずつではありますが
前に進んでいる感じはあるので
真実に辿り着くのはそう遠くは無いかと。
やっぱり鍵は結子の過去になるのかな。

それにしても金時計組はやっぱりただの小悪党では
ありませんね。
結果的に射殺する事になった九条ですが
きちんと約束は果たして
息子に対して最新の治療を与えた訳ですから。
だからこそイクオと竜哉は厳しい戦いになりそう。

今回に関しては
とにかく、蝶野と三島が光ってましたねぇ。
最近の勢いそのままに自由に暴れている印象。
あのくらいのポジションって
役者にとってはかなりオイシイのかも。(笑)
あと、深町が本当に面白いです。
こいつも裏がありそうな感じがしますが。

来週は名優大地康雄の登場。
どういう話になるのか本当に楽しみです。


スポンサードリンク



【ウロボロス〜この愛こそ、正義。の最新記事】
posted by あかねたけと at 13:14 | ウロボロス〜この愛こそ、正義。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする