2014年12月22日

ごめんね青春!最終回感想。

こんにちは。

無事最終回を終えたごめんね青春
感想を書くのは久々になってしまいましたが
ドラマ自体は大変楽しく見ていました。

最終回の視聴率がとんでもない惨敗になってましたが
正直信じられないなぁ。
やっぱり半沢を見るような層しかあの時間はテレビ付けないのかな。

内容としては文化祭の小ネタのぶっ込みかたが流石クドカン。
どれだけ遠藤無双なんだよと。
相撲ミュージカル遠藤にクイズ王と
まぁ八面六臂の大活躍。
しかもどれもきっちりこなしているんだから
役柄としても演じている本人も本当に凄い人なんだなって思った次第。

ドラマのクライマックスである平助の罪の告白に関しては
賛否両論ありますが
自分としてはあれで良かったんじゃないかと思ってます。
あくまで笑って楽しむドラマっていうコンセプトだった訳で
やろうとすればいくらでも深く暗くなれるこのシーンを
「いいんじゃね?」で済ませてしまうのは
やっぱりクドカンならではないかと。

個人的にクドカンのドラマはどれだけ小ネタを楽しめるか
ってのが評価のポイントなのですが(笑)
そういう意味ではこのドラマは十分合格でした。

今回は失敗作として扱われるのは本当に悔しいな。
是非ともDVDが売れて評価が引っ繰り返るのを心から祈ります。
そしてまたクドカンに学園ドラマを作って貰いたいです。





スポンサードリンク



posted by あかねたけと at 16:08 | ごめんね青春! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする