2014年12月17日

信長協奏曲第10話感想

話がラスト一週になって一気に動いた今回。

一番信頼していた片腕の恒興にとうとう
サブローの正体がバレてしまいました。
あれだけ中を深めて信頼し合った仲の恒ちゃんが
非情な物言いだったようにも感じましたが
ただやっぱり戦国は家に仕える部分も大きいし
しかも信頼していたからこそ
裏切られていた感覚も強かったのかなと。
最後にどうひっくり返るのか楽しみでもあります。(笑)

そして今現在どういう意図で動いているのが
正直読めなくなってきた秀吉。
ただやっぱり恨みがあるのは分かりますが
とうとう半兵衛にこちらも正体がバレてしまいました。
何かしらの策は打ってくるはずですが。

嘘でここまで来た二人がどういう結末になるのか
本当に今から楽しみ。

そして今週は何と言っても利家とゆきのデートでしょ。
ただのサービスカットかと思っていたら
まさかのああいう事態に。(涙)
あのデートは美男美女のいかにも月9っぽい感じで良かった。
元々夏帆は好きな女優さんではあったのですが
このドラマでかなり自分の中で評価を上げましたね。
儚さと強さを見事に表現した上手い演技でした。

来週は最終回で浅井、朝倉との決着戦。
ずっと心の中では同志だった長政との最後の戦いになりそう。
うーんずっとこのまま見ていたかったので本当に残念。
しっかり見届けたいと思います。

スポンサードリンク



【日記の最新記事】
posted by あかねたけと at 14:21 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする