2014年09月06日

家族狩り最終回感想

こんばんは。

個人的に今期大注目だった「家族狩り」が
昨日最終回でした。

まず率直な感想を一言で言うなら

納得はしたけど不完全燃焼。

って感じです。

自分一切原作を読んでなかったものですから
先週の第9話を見終わった後
ドラマ開始前に番宣等で
救いが無いドラマって相当煽っていた事もあって

これ来週は相当悲惨な事になるんじゃないかって
ある程度覚悟はしていたのですが
確かに大野と山賀など解決出来ない救いの無い部分もありましたが
まぁ何とかそれぞれ1歩踏み出せたので
若干ホッとしたというか拍子抜けって感じでした。(笑)

ただ馬美原の家族が修復に向けて動き出したのは
凄く嬉しかったし
何と言っても氷崎と巣藤の関係ね。
あのラーメン屋のいちゃいちゃした感じは
見ててニヤニヤしてしまいました。

じゃぁ何が不完全燃焼だったかというと
ラストシーンなどいろいろと謎を放置したまま
番組が終わってしまった事。

ある程度続編を意識してああなったのかもしれませんが
これで続編無かったら怒り心頭ですよ。

あと渓徳に関しても結局ただの気のいいあんちゃんで
終わってしまいましたが
結構細かい部分が放置されてしまった印象なので
その辺りの補完も続編ではお願いしたいです。

っていうかマジで続編作って下さい。
お願いします。

ドラマ自体の細かい不満は残りましたが
総括としてはかなり楽しく見れたと思ってます。

何だかんだ言ってドラマのTBSは健在ですね。

また骨太なドラマ期待してます。

スポンサードリンク



posted by あかねたけと at 23:11 | 家族狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする