2014年08月30日

家族狩り第9話感想

こんにちは。

やっと事件の全貌がほぼ明らかになりましたが
犯人はそうきたかって感じでした。(笑)

そう考えると各話のラストで主要キャストが
犯人のように思わせるような演出は
正解ではありますがちょっとあざといなぁって。

勿論犯人を全く読めなかった負け惜しみですが。(爆笑)

ただ狩る理由がもうちょっと歪んだ感じかと思っていたのですが
この手の事件だと結構ありがちに落ち着いたなってのはありますね。

それにしても松雪にしても伊藤にしても、勿論遠藤さんも
本当に演技が上手い!
一切醒めた感じにならずに入り込めて見る事が出来ました。

そして何と言っても北山ですよ。
渓徳のキャラって微妙に複雑で難しいと思うのですが
しっかりと演じ切りましたからね。
山賀の家に忍び込むあたりの掛け合いは見事でした。

事件の解決もそうですが
各家庭の問題もまだ終わっていないので
最終回でどういう結末を迎えるのか本当に楽しみです。

早く来週がこないかな。(笑)

スポンサードリンク



posted by あかねたけと at 14:06 | 家族狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする